スタッフの声




設計部の声
九州ナンバーワン!
そう言われて、胸が張れるように
がんばっていきたい。


室島 豊(設計部 部長)

設計部は、配電盤を図面通りに完成させ、期日までに納めることができるように、全体の業務の流れに気を配っています。 お客様からの原設計図を見て確認事項を営業に伝えたり、工場の各工程用の図面を作ったりして、営業や製造がスムーズに動けるように、常に目線を全体へ向けている部所です。
そのため設計は、納期までのスケジュール管理を中心となり行っていかなければと考えています。

配電盤を設計する上で重要なことは、電気が建物全体の機能の一部分だということを意識することです。そして、建物の特性を十分に理解することが必要です。

最近は、自家発電や排熱利用といった省エネ関係の設備を備えることが増えてきました。また、工場内のIT化も進んできています。設計部では、最新の建物の機能を理解するために、開発されたばかりの電気設備や新技術を、積極的に学んでいます。

進化する都市や建物の機能を支える品質の高い配電盤をつくるために営業、設計、製造、品質管理が力をあわせ、三葉電機全体が少しづつでも着実に強くなっていく必要があります。
「九州でナンバーワンの配電盤の会社」
そう言われて、胸を張れる三葉電機でありたいです。

Copyright 2000-2010 All rights reserved by Mitsuba Denki Kogyo